ポイントクラウドデータの作成とカラー化に関する简単なガイド

Point Cloud

LiDAR テクノロジーの拡大により、周囲の地図作成がこれまで以上に簡単になりました。 Lidar を初めて使用するユーザーにとって、これは多くの機会を提供しますが、 点群データについての深い理解が必要です。 特に建築、エンジニアリング、建設 (AEC) 分野で幅広い用途があります。 このブログ投稿では、点群データを作成して色付けするための簡単なガイドを提供し、必要な開始情報を提供します。

点群および点群スキャンとは何ですか?

点群とは何ですか?

点群は、360 度の視野内の複数の角度からキャプチャされた 3D 点の集合です。 これらのポイントはデジタル形式で記録されるため、さまざまな方法で処理および分析できます。 点群は、オブジェクトやシーンの詳細な 3D モデルを作成する必要があるロボット工学、林業、建築などのアプリケーションで一般的に使用されます。

Point Cloud Data

点群スキャンとは何ですか?

点群スキャンには、 LiDAR スキャナまたはその他の同様の機器を使用して点群データをキャプチャすることが含まれます。 この装置は、物体で反射するレーザー パルスを放射し、距離、形状、表面特性の計算に使用されるエコーを返します。 結果として 3D ポイントのコレクションが得られ、これを処理して 3D モデルを作成できます。 さらに、三脚ベースの静的 LiDAR および LiDAR 対応スマートフォンでも点群を高速に生成できます。

LiDAR スキャナーを使用して点群データを作成するにはどうすればよいですか?

LiDAR スキャナーを使用して点群データを作成するのは比較的簡単です。 基本的な手順は次のとおりです。

ステップ 1: 適切な LiDAR スキャナーを選択する

点群データの作成を開始する前に、プロジェクトに適切な LiDAR スキャナーを選択する必要があります。 LiDAR スキャナを選択する場合は、スキャン範囲、解像度、フレーム レートなどの要素を考慮してください。. オペレーティング システムおよび点群処理ソフトウェアとの互換性も考慮することをお勧めします。

ステップ 2: LiDAR スキャナーをセットアップする

LiDAR スキャナを選択したら、メーカーの指示に従ってセットアップします。 これには、コンピュータへの接続、調整、スキャン パラメータの設定が含まれる場合があります。 セットアッププロセス中は、メーカーが提供する安全ガイドラインに従ってください。

point cloud scanning

ステップ 3: 点群データを取得する

LiDAR スキャナーをセットアップすると、点群データをキャプチャできるようになります。 LiDAR スキャナをエリア内で移動させて、点群の隙間を避けるために複数の角度から一定の間隔でデータをキャプチャします。

LiDAR スキャナは 1 秒あたり数十万のポイントをキャプチャします。 次に、三脚ベースの静的スキャン (TLS) またはモバイル LiDAR スキャンで詳細な点群を生成します。 モバイル LiDAR スキャンの利点は、静的 LiDAR スキャンよりも効率的であることです。 運用中にステーションを変更したり、処理時に各ステーションに登録する必要がないためです。 どちらの方法でも、データセットを単一の正確な点群にマージするには、後処理が必要です。

点群処理ソフトウェアを使用してデータを色付けするにはどうすればよいですか?

点群データの色付けは、データをより視覚的に魅力的な外観にする優れた方法です。 点群処理ソフトウェアを使用して点群データを色付けする基本的な手順は次のとおりです。

ステップ 1: 適切な点群処理ソフトウェアを選択する

ポイント クラウドに色を追加する前に、ポイント クラウドを処理するための適切なソフトウェアを選択することが重要です。 オペレーティング システムとの互換性、カスタマイズ レベル、出力品質を考慮してください。

ステップ 2: 点群データをソフトウェアにインポートする

点群データを点群処理ソフトウェアにインポートする. ほとんどのソフトウェアでは、LiDAR ポイント ファイルや画像スタックなど、さまざまなファイル形式でデータをインポートできます。

point cloud processing

ステップ 3: 点群データの色設定を調整する

点群処理ソフトウェアの色設定を調整して、希望の外観を実現します。 カラー パレットを変更したり、色の強度を調整したり、点群データにカスタム カラーを追加したりすることもできます。

ステップ 4: カラー化された点群データをエクスポートする

カラー点群データをアプリケーションと互換性のあるファイル形式にエクスポートします。 ほとんどのポイント クラウド処理ソフトウェアでは、LAZ、LAS、PLY、TXT などのさまざまなファイル形式でデータをエクスポートできます。

最も正確な色付けを行うには、LiDAR スキャナーを備えたカメラアタッチメントを使用して画像とデータを組み合わせます。 たとえば、FJD Trion P1 3D ハンドヘルド LiDAR スキャナは点群を収集し、カメラ アタッチメントは画像を収集します。 次に、両方のデータを Trion Model ソフトウェアに入力すると、アルゴリズムを通じて画像の色が点群に割り当てられ、トゥルー カラーの点群が形成されます。

結論

要約すると、上記で強調した手順に従うと、さまざまなオブジェクトやシーンの正確で視覚的に魅力的な 3D モデルを作成するのに役立ちます。 点群データは、さまざまな業界で多数の用途に使用できます。 したがって、専門家や研究者にとって不可欠なツールです。 このことを理解した上で、 3D LiDAR スキャンテクノロジーを採用することをお勧めします。 点群の生成は簡単なだけでなく、誰でも簡単に実行できるようになりました。

前後の記事を読む

Solar power tent

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。