モバイルLiDARデータ: 効率的な林業調査のための有望なソリューション

LiDAR Data

私たちの生態系の不可欠な部分である森林は、多くの点で非常に貴重です。 たとえば、多様な野生生物に生息地を提供し、炭素隔離と土壌安定化に貢献します。 デジタル技術、特にLiDARの研究開発は、林業部門に革命をもたらし、人間が世界中の森林と相互作用する方法を変革しています。 森林破壊と森林劣化は差し迫った問題になり、業界で持続可能なアプローチを採用する必要があります。 技術の進歩に伴い、専門家はさまざまな林業アプリケーションへのLiDARデータ取得のための革新的な方法を模索しています。 このブログでは、これらの進歩と、それらがすでに林業部門に与えた重要な影響について詳しく説明します。

モバイルスキャナによるLiDARデータ取得とは

ハンドヘルドまたは取り付けLiDARスキャナー簡単に高精度でデータを取得できるため、さまざまな地形でのデータ取得が簡単かつ効率的になります。 この方法は、UAVなどの他のテクノロジーと組み合わせると、正確なデータを迅速かつ効率的に提供し、森林破壊、森林計画、山火事防止などのさまざまな分野の組織を支援します。

森林の生態と管理で何十年も使用されてきたLiDARテクノロジーは、森林構造に関する高解像度の3D情報を生成します。 この技術を研究者が利用すると、樹木の高さ、キャノピーの密度、地被植物を正確に測定することができます。 さらに、LiDARは、研究者が正確なデジタル地形モデルを作成し、森林の健康状態を評価し、バイオマスと炭素隔離を推定し、持続可能な森林管理戦略を開発するのに役立ちます。

LiDAR Survey

ハンドヘルドLiDARスキャナーは、分析された森林または果樹園の3Dモデルを迅速かつ正確に再構築できます。 類型、長さ、数などの支部情報を含むこの情報は、果樹園の収穫量を改善するために、人工または自然林やスマートな農業用途で利用できます。 このソリューションの多様性は、ユーザーに迅速かつ効率的に正確なデータを提供します。

LiDAR調査は林業でどのような用途を持っていますか?

LiDAR技術を利用した林業調査は、精密な林業とマッピングから野生生物の保護と森林火災管理に至るまで、多くの利点を提供します。

正確な林業とマッピングの観点から、LiDARは伐採された木の量を迅速に評価し、それを予測値と比較することができ、専門家が不一致を特定するのに役立ちます。 ドローンに取り付けられたLiDARスキャナーは、電力線のスキャン、樹冠の衝突の検出、森林の計画と管理の支援にも使用できます。 デジタル標高をマッピングするLiDARの機能により、地形の目的や複雑な森林環境の文書化に適しています。

LiDARテクノロジーは、個々の樹木とその位置を特定する上でさらに重要な役割を果たし、効率的な森林管理と広い地域での樹木の数え方を容易にします。 さらに、それは炭素吸収を決定するために利用することができ、科学者は炭素吸収特性のより良い理解のために木や冠の直径などの個々のスタンド属性を研究することができます。

野生生物保護の文脈では、後処理LiDAR分析バイオマスから樹木の樹上測定データに至るまでの測定値を提供し、特定の野生生物種に対する森林の適合性の評価を支援し、森林管理戦略を設計することができます。

LiDAR Data

世界が気候変動と戦う中、世界の森林管理者は、森林火災のリスクを予測し、影響を監視するために空中LiDAR技術を採用しています。 LiDARデータは、山火事の火口として機能する可能性のある、地面の木材の破片をマッピングして識別できます。 時間の経過とともに変化すると、以前の火災経路を示すことができます。

最後に、LiDARテクノロジーは、切り倒された木の量をすばやく評価し、それを予測量と比較することにより、森林破壊を制御するのに役立ちます。

LiDAR調査は林業セクターの効率をどのように高めていますか?

主に農村空間である森林は、しばしば不均一な地形と密集した個体群を示し、正確な樹木測定と影のない調査に課題をもたらします。 ただし、ハンドヘルドLiDARスキャナーは、スキャナーから最大100m離れたデータをキャプチャすることで林業部門に革命をもたらし、ハンドヘルドオプションとマウントオプションの両方として使用できるため、到達困難な地域の調査が容易になりました。

これらのモバイルLiDARシステムは、大幅な時間節約を提供し、林業セクターを変革します。 エリアの測定と調査は、現場で数日ではなく数時間で完了できるようになり、より迅速な意思決定が可能になりました。 さらに、ディープラーニングモデルとアルゴリズムが継続的に洗練されているため、LiDARデータは時間の経過とともにますます価値のあるものになります。

FJDハンドヘルドLiDARスキャナーGNSSの必要性を排除することにより、アクセス可能なソリューションを提供します。 森の奥深くなど、アクセスできないエリアを問題なく簡単にマッピングできます。 FJDトリオンモデルは、データセットのシームレスなマージを可能にし、スペースの包括的な表現を保証します。

林業調査におけるハンドヘルドLiDARスキャナーの例

林業におけるLiDAR技術の応用は、革命にほかなりません。 このケーススタディは、林業研究にLiDAR技術を利用することの多面的な影響を掘り下げます。 当初はその可能性に躊躇していましたが、バイオメトリシャンのStrimbu教授は、LiDARデータそれは他の人にすぐには明らかではないかもしれません。

Handheld LiDAR Scanner

かつては労働集約的な作業だった森林在庫は、LiDARテクノロジーを使用するとはるかに効率的になりました。 1人のオペレーターが、ほんの少しの時間で大幅に多くの地面をカバーできるようになりました。 そびえ立つ王冠や小さな苗木など、すべての木の詳細をキャプチャするLiDARによって提供された包括的な国勢調査は、森林管理のゲームチェンジャーです。

一次元データよりも森林のより包括的な説明を提供する3Dスナップショットは、現在および将来の研究の両方にとって貴重なリソースとして機能します。 LiDARによって生成された豊富なデータは、意思決定に役立つだけでなく、将来の調査や研究に情報を提供できる貴重な洞察も提供します。

LiDARテクノロジーへの移行は、林業にとって真のゲームチェンジャーでした。 森林の包括的かつ詳細な理解を提供する能力を持つハンドヘルドLiDARスキャナー研究者と森林管理者にまったく新しい可能性を切り開いています。

前後の記事を読む

Auto Steer System
Handheld Laser Scanner

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。